安曇蓮

志賀海神社の祭神 阿曇連とは「古事記」では「阿曇連はその綿津見神の子、宇都志日金柝命の子孫なり」と記されている。その他、「新撰姓氏録」では「安曇連は綿津豊玉彦の子、穂高見命の後なり」と記される。  


では宇都志日金柝命とは?

宇都志日金拆命(ウツシヒカナサクノカミ)はイザナギが黄泉の国から帰ってきたその穢れを祓うために行った禊(ミソギ)から生まれた綿津見神(ワタツミノカミ)…底津綿津身神(ソコツワタツミノカミ)・中津綿津身神(ナカツワタツミノカミ)・上津綿津身神(ウワツワタツミノカミ)…の子であり、阿曇連(アズミノムラジ)の先祖神でもあります。


つまりどちらも穂高見命のことを指すようです。


穂高見命とは対馬に行った時に目にした名前です。


磯良恵比須(対馬)


名神大社 和多都美神社 御祭神  

彦火々出見尊(ひこほほでみのみこと)  豊玉姫命(とよたまひめのみこと) 御由緒  当社の所在地表示は、現在「下県郡」であるが、以前は「上県郡」 であった。平安時代の律令細則である「延喜式」の「神名帳」の中 に「対馬国上県郡和多都美神社(名神大)」とあるのは当社である。 貞観元年(八五九年)に清和天皇から従五位上の神階を賜り、また、 「三代実録」によれば、永徳元年(一三八一年)に、更に従一位を叙 せられ、往古より島内は言うに及ばずわが国の名社大社の一つ に数えられた。  縁起を辿れば、神代の昔、海神である豊玉彦尊が当地に宮殿を 造り、宮を「海宮」と名づけ、この地を「夫姫」と名付けた。その宮 殿の大きさは、高さ一町五反余り、広さ八町四方もあったという。 そして神々しい神奈美「夫姫山」のさざ波よせるこの霊地に彦火々 出見尊と豊玉姫命の御夫婦の神を奉斎したと伝えている。  豊玉彦尊には一男二女の神があり、男神は穂高見尊、二女神は 豊玉姫命・玉依姫命という。ある時、彦火々出見尊は失った釣り 針を探して上国より下向し、この宮に滞在すること三年、そして 豊玉姫を娶り妻とした。この海幸彦・山幸彦の伝説は当地から生 まれたものである。 満潮の時は、社殿の近くまで海水が満ち、その様は龍宮を連想させ、 海神にまつわる玉の井伝説の遺跡跡や満珠瀬、干珠瀬、磯良恵比須 の磐座などの旧跡も多く、また本殿の後方に二つの岩がある。これ を夫婦岩と称し、この手前の壇が豊玉姫命の墳墓(御陵)である。  また、西手の山下に、石があり、それが豊玉彦尊の墳墓(御陵) である。このように当社は古い歴史と由緒を持ち、時の国主や藩 主の崇敬も篤く、たびたびの奉幣や奉献それに広大な社領の寄 進があった。現在でも対馬島民の参拝は勿論のこと全国各地か らの参拝が多い。 -境内由緒-


この由緒書きの一文にある「豊玉彦尊には一男二女の神があり、男神は穂高見尊、二女神は 豊玉姫命・玉依姫命という。」その穂高見尊こそが志賀海神社の安曇蓮の祖であり、信州安曇野の近くの穂高の語源になった神であると考えられます。

磯良恵比須(対馬)


御船祭り

「御船祭り」は、安曇野に暮らす人々の祖先である安曇族(あずみぞく)が、海から内陸までを船で自在に行き来していた海人(あま)族であったという証(あかし)。紀元6世紀ごろに安曇野へ移住、船によって大陸の文化を運んでいたと推測される安曇族の先祖伝来の祭りです。



この穂高見尊が「後漢書」に記載されている「漢委奴国王」だとすると2世紀に奴国にいた師升というのが倭国での彼の名前ということになるようです。




この一族には他にも幾つか名前があり一つ御紹介すると父の豊玉彦の別名は「八大龍王」もしくは「八咫烏」とも呼ばれていたようです。

太陽に住んでいるとされ、太陽黒点を元にした神話であるとする説もある。







0コメント

  • 1000 / 1000

倭国の記憶

倭国の古代のみ時系列で解明していきたいと考えています。